大阪ソーダの事業を知る

大阪ソーダってどんな会社?
事業内容や製品などをわかりやすくご紹介します。

大阪ソーダの歴史を知る:100年の歩み

創業期

1915年

「大阪曹達株式会社」を設立

創立当時の本社所在地宇治電ビル

1917年

小倉工場(福岡県北九州市)の操業を開始

操業当時の小倉工場

1931年

尼崎工場(兵庫県尼崎市)の操業を開始

尼崎工場

1940年~

1948年

 

1949年

 

東京出張所(現・東京支社)を開設

 

大阪証券取引所市場第一部に株式上場

 

1952年

松山工場(愛媛県松山市)の操業を開始

操業当時の松山工場

1953年

 

1956年

東京証券取引所市場第一部に株式上場

 

「大曹商事株式会社」を設立

 

1960年~

1961年

研究所(現・研究センター)(兵庫県尼崎市)を開設

開設当時の研究所

1962年

ダップ樹脂の製造開始

ダップモノマー製造設備

1968年

 

 

1970年

「岡山化成株式会社」を旭化成工業株式会社

(現・旭化成株式会社)と共同出資にて設立

 

「大曹有機株式会社」を設立

 

 

岡山化成株式会社水島工場の操業を開始
 

操業当時の岡山化成

1971年

エピクロルヒドリンの製造開始

 

 

エピクロルヒドリンの製造設備

 

1975年

「ダイソーエンジニアリング株式会社」を設立

大曹有機株式会社を吸収合併し水島工場とする

水島工場

 

1978年

アリルグリシジルエーテルの製造開始

 

 

アリルグリシジルエーテル荷姿

1979年

エピクロルヒドリンゴムの製造開始

 

1980年~

1988年

「ダイソー株式会社」に社名変更

 

 

 

 

1990年

デュッセルドルフ事務所を開設

 

 

デュッセルドルフ事務所

 

1992年

液体クロマトグラフィー用シリカゲルの製造開始


 

ダイソーゲル™(拡大図)

2000年~

2001年

省エネタイヤ用改質剤「カブラス」の製造開始

「株式会社ジェイ・エム・アール」を設立

蛍光管リサイクル設備

2002年

 

 

2005年

 

2006年

蝶理ケミカル株式会社を子会社化し、社名を

「ダイソーケミカル株式会社」とする

 

「大曹化工貿易(上海)有限公司」を設立

 

「DSウェルフーズ株式会社」を設立

「DAISO Fine Chem USA, Inc.」を設立

「台灣大曹化工股份有限公司」を設立

本社ビルを建設

 

 

本社ビル

2008年

「DAISO Fine Chem GmbH」を設立

「DSロジスティクス株式会社」を設立

「サンヨーファイン株式会社」の全株式を取得

医薬品原薬・中間体の製造設備

2010年

「株式会社食品バイオ研究センター」の全株式を取得

サンヨーファイン株式会社が株式会社食品バイオ研究センターを合併

 

 

2012年

岡山化成株式会社を完全子会社化

「株式会社インペックス」の全株式を取得

 

(株)インペックスが取り扱うガラス繊維

 

 

「DAISO CHEMICAL(THAILAND) CO., LTD.」を設立

 

 

DAISO CHEMICAL(THAILAND) CO., LTD.

2014年

ダップ樹脂が経済産業省「グローバルニッチトップ(GNT)企業100選」に選定

表彰状

 

2015年

100周年を機に、創業当時の開拓者精神をもって、
独創的なものづくりを推進するため、
「株式会社大阪ソーダ」に社名変更

 

 

2016年

ダイソーケミカル株式会社が株式会社インペックスを合併

 

2017年

アクリルゴム「ラクレスター™」の製造開始

 

 

ラクレスター™

総合研究開発センター(兵庫県尼崎市)竣工

 

総合研究開発センター

資生堂医理化テクノロジー株式会社の全株式を取得し「サンヨーファイン医理化テクノロジー株式会社」に社名変更

「三耀精細化工品銷售(北京)有限公司」を設立

 

2018年

日東化工株式会社の株式を取得

 

ノンフタレート型アリル樹脂の製造開始

 

 

プラスチック基材UVインキや食品パッケージ用印刷インキに使用

2021年

岡山化成株式会社を吸収合併し岡山工場とする

 

小倉工場を移転し北九州工場(福岡県北九州市)に改称

 

北九州工場