3つの組織の連携で新事業創出力を高め、

オンリーワンの価値を生む。

大阪ソーダは、独創的なものづくりで数々のスペシャリティケミカルを生み出し、世界トップシェアを獲得する製品を提供してきました。今後、さらにスペシャリティケミカルの領域で新規事業創出を加速するため、営業・工業化・開発機能を併せ持つ”新規事業推進本部”を設置しました。新製品のニーズ収集から開発、スケールアップ、市場開拓までを一元的に行うことで、早期の上市化に繋げてまいります。また、既存事業の拡大を担う事業部下の“技術開発部”では、既存事業周辺の滲み出し開発に特化し、新規グレードや新用途の開発を進めています。こうした開発を支える基盤技術を育成し、強化するのがR&D本部”イノベーションセンター”の役割です。このセンターは、基盤技術を深耕し、新製品・新技術を創造し、市場ニーズに応えるとともに、既存製品の高付加価値化やコスト低減に取り組みます。 

大阪ソーダはこれら役割の異なる組織の綿密な連携により、開発速度を高めるとともに、オンリーワンの価値を創造し、これからも豊かな社会の実現に貢献してまいります。

研究開発体制