新規市場の開拓も、既存製品の深化も。
2つの研究開発体制がオンリーワンの価値を生む。

当社は、独創性のあるものづくりでスペシャリティ―ケミカルを生み出し、世界トップシェアを獲得する製品を生み出してきました。その創造力の源になっているのが、R&D本部の「イノベーションセンター」と各事業部の「技術開発部」を柱とした研究開発体制です。

既存事業の周辺領域では、お客様からのニーズに的確に、スピーディーに応えるため、コア技術の深耕に取り組んでいます。また、新たな成長ドライバーの育成のため、開発企画部を中心に市場の求めるニーズ、価値、環境をマーケティングし、新規市場開拓を推進しています。

大阪ソーダは常に新しい技術に挑戦し、オンリーワンの価値の創造でこれからも豊かな社会の実現に貢献してまいります。