新規市場の開拓も、既存製品の深化も。
2つの研究開発体制がオンリーワンの価値を生む。

当社は、独創性のあるものづくりでスペシャリティケミカルを生み出し、世界トップシェアを獲得する製品を提供してきました。その創造力の源になっているのが、R&D本部の「イノベーションセンター」と各事業部
の「技術開発部」を柱とした2つの研究開発体制です。

R&D本部では技術シーズの探索研究から新製品・新技術の開発までを行っています。さらに、営業部と連携してニーズ収集・調査、マーケット開拓を実施し、早期事業化を目指した開発を推進しています。

また、技術開発部は多様化するお客様のニーズに即した用途開発や製品改良を行うことで既存事業の拡大を支援しています。
大阪ソーダは総合研究開発センターの開設を機に、さらに開発速度を高めるとともに、オンリーワンの価値創造でこれからも豊かな社会の実現に貢献してまいります。