事業化マインドを持った技術開発集団が

オンリーワンの価値を生む。

阪ソーダは、独創的なものづくりで数々のスペシャリティケミカルを生み出し、世界トップシェアを獲得する製品を提供してきました。

事業開発本部は、事業化マインドを持った技術開発者集団として基礎研究から業化検討までを一元的に推進しています。大阪ソーダのコアとなる基盤技術の更なる向上を目指すイノベーションセンターを直下に置くことで新規事業の早期立ち上げを図ります。また、事業部下にあった技術開発機能をイノベーションセンター内に統合、事業開発本部下に”開発企画グループ”を設置し、各事業部との連携を強化するとともに既存事業周辺の滲み出し開発や新規グレード、新用途の開発を推進しています。さらに、生産技術本部と協力して、環境負荷低減や高効率化に関する革新的なプロセス開発を行っています。

大阪ソーダはこれらの役割の異なる組織の綿密な連携により、事業化速度を速めるとともに、オンリーワンの価値を創造し、これからも豊かな社会の実現に貢献してまいります。

研究開発体制