当社のコア技術である有機合成技術とバイオ技術を融合させ、医薬品原薬や中間体の開発を行っています。特に、近年の医薬品業界の流れに対応し、バイオ医薬品関連分野をターゲットとした開発を強化しています。また、健康食品素材や化粧品素材などの新素材開発にも注力しています。

 

リノール酸メントールエステル 包接材 糖鎖関連化合物 医薬品原薬・中間体の受託開発(微生物発酵技術 遺伝子組換え技術など) 抗がん剤など ジェネリック医薬品 バイオ医薬品関連 高薬理活性物質 抗体医薬精製材料

抗体医薬品精製材料(プロテインAアフィニティゲル)

  カラム
拡大
  カラム

当社独自のバイオ技術をもとに開発した抗体医薬品精製用プロテインAアフィニティゲルは、遺伝子改変により高機能化したプロテインAを自社生産することで、高い動的結合容量、凝集体を低減する高pH溶出を可能としました。高流速処理が可能なシリカゲルタイプと高いアルカリ耐性のアガロースゲルタイプが選択可能です。

高薬理活性物質

  高薬理活性対応室<br/><br/>
拡大
  高薬理活性対応室

近年、医薬業界では、抗がん剤や免疫抑制剤といった少量で高い薬効を示す医薬品の開発を進めており、これら高薬理活性物質の開発ニーズが増加しています。当社グループのサンヨーファイン株式会社では、20余年にわたる医薬品原薬の製造で培ってきた特徴ある技術を活かし、高薬理活性原薬の受託開発を展開しています。

当設備は、OELカテゴリー5の高薬理活性物質の取扱いが可能であり、原薬ならびに中間体の研究開発からGMP管理下での受託製造まで幅広く対応しています。

医薬品原薬および中間体の受託開発

拡大

当社グループのサンヨーファイン株式会社は、長年培ってきた有機合成技術と微生物発酵法や遺伝子組換えなどのバイオ技術を駆使し、医薬品原薬・中間体の受託ビジネスを展開しています。また、キラル・エピクロルヒドリンを原料とする多彩なキラル化合物も医薬品業界へ提供しています。近年、開発が活発なバイオ医薬品関連製品の開発やジェネリック医薬品の原薬開発も推進しています。

β-グルカン / β-グルカン包接材

  黒酵母培養液(菌体は約10μm)
拡大
  黒酵母培養液(菌体は約10μm)

黒酵母(Aureobasidium pullulans) によりβ-1,3-1,6-グルカンを醗酵生産しています。 β-1,3-1,6-グルカンは腸管免疫活性化、ストレスホルモン低減、腸のぜん動運を亢進します。当社のパウダー化したβ-1,3-1,6-グルカン(アクアβパウダー)は、水溶性、分散性に優れた健康食品素材として使用されています。現在、化粧品分野や医療分野への応用を目指し、開発を進めています。

β-グルカン包接材への展開

当社の黒酵母ββ-1,3-1,6-グルカンは、水難溶性化合物や酸化チタンなどを高分子鎖の中に包接することにより水分散を可能とします。例えば、古くから生薬として知られるシコニンもこの性質を利用することで高い水分散性・安定性を与えることが可能になりました。シコニン分散液は現在、化粧品原料「WAKI」として展開しており、用途開発が進んでいます。

リノール酸メントールエステル

当社の持つバイオ技術とクロマト精製技術により、植物成分由来の美白素材を開発しました。シミ・ソバカスの原因となるメラニン色素生産を抑制する効果を得ることができます。

(地方独立行政法人大阪産業技術研究所の研究成果をもとに当社が工業技術を確立)

ヒトメラノーマ細胞(HM3KO細胞)でのメラニン産生抑制試験

   無添加
拡大
   無添加
   リノール酸メントールエステル20μM添加
拡大
   リノール酸メントールエステル20μM添加